.



CALENDER
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


ゴーストハント (1)
ゴーストハント (1) (JUGEMレビュー »)
いなだ 詩穂, 小野 不由美
文庫も漫画も好きっぽぃ。



NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACK

PROFILE

skin made by Aya*








.
りぁの適当だらだら日記(・e・)

Unlimited!




<< ちょーおめでたぃコトとちょー最悪なコトっ。 | main | 久々にオーラで狩りっ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
奈良日記その3(遅
そぅぃぇば明日
ハリポタ5巻「不死鳥の騎士団 上下」
発売日だから!!1


そんなワケで、久々にこのカテゴリ更新|-゚)
奈良行ってる間に、1回図書館行って借りてきた本達デス(゚〜゚)


*かんのゆうこ著 東儀秀樹絵 「天つ風の音」

 イラストが可愛くて手に取った絵本|-゚)
 東儀秀樹さんて雅楽で有名な人デスネそぃぇば。
 内容は、天と地をつなぐ龍笛の物語。
 日照りに苦しむ森に雨が降るように、白うさぎは天の水門を守る竜に願いを届けにいくが…。天と地をつなぐ音色といわれる雅楽器・竜笛を題材にした神話のように美しい絵本。(最後の文コピペでs...


*伊藤貴麿編訳 「錦の中の天女」

 中国の昔話短編集みたぃな?
 タイトルにもなってるお話は、あるところに錦を織るのがとても上手な女性がいて、その人が精魂込めて織った錦がある日風に飛ばされて行方不明に(´-`;)
 実はそれをさらったのは天女で、余りの錦の美しさにお手本に持ってきちゃったとか。その錦を探しにきてた女性の息子は、天女と錦をセットでお持ち帰りしましたっぽぃ話(語弊アリ
 

*アーシュラ.K.ル=グウィン 村上春樹訳 「帰ってきた空飛び猫」

 表紙が可愛くて(*´ω`)
 翼の生えた猫達のお話〜|-`)
 翻訳してるのは、かの有名な村上春樹さんデス。


*アーシュラ.K.ル=グウィン 村上春樹訳 「素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち」

 上で紹介したのの続編〜。
 翼の生えた4兄弟(姉妹)の妹と、普通の猫のアレキサンダーを交えてのお話。
 ほんわか(*´ω`)


*O.R.メリング 「光を運ぶ娘」

 アイルランドのケルト神話かなぁこれ。
 内容→11歳のダーナは、妖精王の伝言を届ける役目を引き受けます。
 というのも現実世界では、ダーナは失踪した母を探したいのに父がカナダに帰ると言い出し、一方、妖精の使者は、この役目を果せば望みをかなえると約束したから。ダーナは役目を果たし、母親と再び会えるのか...!てトコですね。
 この人の作品は、高校の時に読んだな〜「夏の王」「妖精王の月」「ドルイドの歌」かなぁ。
 「光を運ぶ娘」「夏の王」とつながってます|-゚)リンク作品ダイスキハート
 ちなみにドルイドって魔術師のコトぽぃ。


*O.R.メリング 「歌う石」

 これもぅタイトルで借りるのケテーイしましたw
 だって思いっきり歌う石なんてリア・ファイルのコトだしね!
 借りるしか。
 

 まぁこんな感じでした。
 ホントは金庸作品読みたかったケドなかった(・ε・)
| My Books | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://peachtea.jugem.cc/trackback/141
トラックバック